STUDYからLEARNに切り替える

ほとんどの人が勉強と聞くと机に向かってひたすら参考書や問題集を解くと言う光景をイメージすることでしょう。しかし、言語学習では机に向かってやるStudyも重要ですが、実際に言語を使うことによって学ぶLearnの方がより重要です。



 

学習開始当初はStudyが重要

日本で外国語学習を行うと、外国語を使用する機会があまりないので、どうしても机に向かって行うStudy中心になりがちです。もちろん、Learnを行うにあたっては、リーディングやリスニング等のStudyを行って言語知識を身につけておく必要があります。

 

いつまでもStudyだけではダメ!

言語学習を始めた段階においてStudyはとても重要です。しかし、いつまでもStudyばかりでは語学力が頭打ちになってしまいます。ある程度Study中心の語学学習を行ったら、Learn中心の学習に切り替えることが必要です。

 

どうやって言語を使う機会を得る?

自分で行動を起こさないと、Learnを行う機会を得ることは難しいです。語学学校に入ってみたり、外国人との交流会に参加したり、インターネットでランゲージエクスチェンジのパートナーを探してみたりと、自分で学習言語を使う機会を見つけることがStudyからLearnに切り替える第一歩です。

 

News Reporter
 学生時代は英語が一番の苦手教科だったにも関わらず、とある出来事がきっかけとなり言語の魅力に取り憑かれる。  現在は、子供から大人まで言語の指導にあたりつつ、自身も5カ国語を学ぶ日々を過ごす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 15 =