言語はネイティヴ講師から習うべき!?

中学、高校、大学では、ほとんどの授業でノンネイティブである日本人の先生から英語やその他の言語を習います。しかし、語学スクールにはネイティブ講師と日本人の講師の両方が在籍している場合がほとんどです。あなたは、ネイティブ講師とノンネイティブの日本人講師、どちらから学ぶのが効果的だと思いますか?




 

ネイティブ講師から学ぶ利点

ネイティブ講師から学ぶ上での最大の利点は、その言語を母国語としている人の発音を聴いて勉強ができる点です(講師の出身地によって発音に違いがある場合もあります)。また、その国で使われている独特の表現や言い回し、文化・慣習などテキストに載っていない+αの情報を教わることができます。

さらに、講師が日本語を話すことができない場合には、学習言語を何とか用いて相手と意思疎通を図る練習にもなります。

 

ネイティブだったら誰でも言い訳じゃない

しかし、ネイティブだからといって誰でもいい訳ではありません。あなたが日本語のネイティブであっても日本語の文法事項や微妙なニュアンスの違いを明確に学習者に説明できるとは限りません。同じように、その言語のネイティブだからといって、学習者が持った疑問に明確に解答したり、学習者の言語能力を向上させることができる指導のプロであるとは限りません。

 

ネイティブ講師にに見えても実は..

また、ネイティブのように見えても、母国語ではない言語を教えている外国人講師もいます。もちろん、その講師が良いか悪いかは各講師により異なりますが、かなりクセの強いアクセントで話している外国人講師も大勢います。

 

日本人講師から学ぶメリット

日本人講師から学ぶメリットは、講師がその言語を自発的に学習した経験があるという点です。あなたがこれから学ぶ言語を母国語として獲得したネイティブ講師は、その言語を獲得する為に学習をしていません。つまり、日本人講師はこれから学習者がこれから通る道をすでに通ってきたのです。従って、日本語講師は学習者がつまづきやすいポイントを理解していますし、それを克服した経験があることが最大の強みでしょう。

 

日本人講師から学ぶデメリット

日本人講師から学ぶ上で注意しなければならない点は、授業のほとんどが日本語になってしまうことです。お互い日本語を母国語としているので、日本語で話した方が都合がいいことは事実です。しかし、外国語を習得する際にはできるだけその言語に触れる必要があります。レッスン料を払ってその言語にたくさん触れる機会を得ているのですから、講師には日本語を最低限しか喋らないようにしてもらった方がいいでしょう。

 

最も重要なのは学習者自身

言語を学ぶ際にネイティブ講師と日本人講師のどちらから習う場合でも、それぞれ良い点、悪い点が存在します。しかし、言語を学習する上で最も大切なことは、誰から習うかではなく、学習者が主体となって学習を進めていくことです。自分でしっかり学習計画を立て頑張りましょう。

News Reporter
 学生時代は英語が一番の苦手教科だったにも関わらず、とある出来事がきっかけとなり言語の魅力に取り憑かれる。  現在は、子供から大人まで言語の指導にあたりつつ、自身も5カ国語を学ぶ日々を過ごす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − ten =