言語の切り替えスイッチ

バイリンガルやマルチリンガルの人は、脳の中に言語を切り替えるためのスイッチが存在すると言われています。日本語から英語に切り替える時に電気のスイッチのようにパチっと切り替わる感じです。




 

日本人は既にバイリンガル?

複数の言語を操ることができる人はどのように言語の選択を行っているのでしょうか。数人のバイリンガル·マルチリンガルに聴いてみたのですが、ほとんどの場合、無意識に話す相手や場面·内容に応じて切り替えているそうです。彼ら曰く、日本人がタメ口と敬語を切り替えるのと同じ感覚のように言語を切り替えていると言っていました。そう考えると、日本人は既にバイリンガルであると言えるかも知れません。

 

 

言語スイッチはいつできる?

学習を始めてから脳がそれぞれの言語を識別できるようになるまで、識別できる言葉とできない言葉が脳の中に存在し、1つの文章の中に2つの言語が混ざることがあります。そんな時も脳は着々と言語の住み分け作業を進めてくれていますから、自分の脳を信じて学習を続けましょう。

私の感覚なのですが、第二言語を大人になってから習得する場合、その言語を一定以上学習した時に、言語スイッチがうっすらと現れてくるような感覚があります。しかし、この時はまだ言語の切り替えがスムーズに行く時と行かない時の両方がありました。学習を継続していくうちに、言語スイッチの切り替えが徐々にスムーズになっていくように感じました。

 

 

言語の切り替えスイッチはどこにある?

言語の切り替えスイッチが、大脳基底核の左側の尾状核にあるのではないかということをイギリス·ドイツ·日本の研究チームが突き止めました。この実験は、英語·ドイツ語バイリンガルと英語·日本語バイリンガルの人達に2つの単語を「違う言葉」、「違う意味」、「似たような意味」などの組み合わせで見せた時の脳の動きを観察しました。その際に、左側の尾状核の活動が活発になったことで、この場所に言語の切り替えスイッチが存在しているのではないかということがわかったそうです。




 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =