言語の学習に母語はいらない?

 言語を学習する際、母語を使わずに学習するのが上達への近道といわれます。しかし、言語学習の際に母語を使わないことは、少々難しいように感じます。母語を用いないで言語を学習することにはどのようなメリットがあるのでしょうか

 

 

母語を用いないメリット

 言語学習において、母語を用いないメリットは学習言語に集中できるということです。母語を用いると母語と学習言語を比較したり、翻訳したりということがあります。また、母語のルールを学習言語に過剰に適用し混乱を招くこともあります。    母語で文法説明等が書かれた学習教材を用いる場合、教材の大部分に母語が用いられているので、その言語に関する知識を得ることはできても、学習言語の練習にはならないということもあります。

 

いかにして母語を排除するか

 外国語を学習する際、母語の使用を0に近くすることが大切です。学習から母語を排除するためには、留学が一番いい方法といえるでしょう。しかし、留学をしても母語話者同士で固まって、母語ばかり使っているようでは意味がありません。積極的に現地の人と学習言語を使用するようにしましょう。国内でも努力次第で留学をせずに母語を排除することも可能です。学習をする時は学習言語で書かれたテキストを使ったり、学習言語の音楽を聞くなど、日常生活においてちょっとした変化をつけることで、学習言語の使用時間を増やしてみましょう。      また、外国人の多いのシェアハウスに住んだり、ネイティヴスピーカーと行動をともにするなど自分の周りの環境をを学習言語で満たすことによって留学をしなくても母語を排除し学習言語に浸ることができます。  

 

自分で行動することが重要

 自分の行動次第で学習言語の使用時間は大きく変化します。それにより、語学の上達スピードが左右されることはいうまでもありません。まずは自分の周りの環境を言語学習に適した環境に変えることから始めましょう。

 


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =