映画とドラマはどっちがいい?


    言語学習では本を読むだけではなく、外国語の映画やドラマなどを活用して学ぶことができます。どちらも語学学習に有効なドラマと映画ですが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

 

 
 

・映画の特徴
    映画は2時間前後で全てを見終わることができるので、同じシーンを何度も繰り返しみることができる利点があります。何度も観ることにより、全ての台詞を暗記することも可能です。

 
 
 

    しかし、映画は見終わるまで約2時間画面の前に座っていなければなりませんし、同じ映画ばかり2時間見ていると得られる言語知識はその2時間に限られてしまいます。それでは十分な言語知識を得るには少なすぎます。それを防ぐ為に、様々な映画をみなければならず、色々な映画をを探すのが好きな人は良いですが、苦手な人には苦痛になってしまいます。

 
 
 
 

・ドラマの特徴
    ドラマは映画と違い、1時間前後で1話が完結するので、テレビの前に座っている時間は約半分ですが、多くのドラマはシリーズ物です。1つのストーリーが終わった後に、続きのストーリーがあるので、別のドラマを探す必要がありません。

 
 
 

    ストーリー物のドラマは10〜数十話のストーリーがあります。途中で飽きてしまったり、その反対で、続きが気になり徹夜して見続けてしまうという危険があります。また、映画のDVDは新品でも1枚数百円から入手することができますが、シリーズ物のドラマのDVD-BOXは新品で買うと1つ数千円から数万円するケースが多く、映画よりは初期投資額が若干高くなります。

 
 
 

    映画、ドラマそれぞれにいい点・悪い点があります。私は、個人的にはドラマ派で、続きが気になって徹夜して何話も見てしまうタイプです。映画とドラマのどちらがベストかは人それぞれ違います。自分の好きな方で楽しく言語を学んでくださいね。